施工事例

志摩市M様邸 外壁塗装工事+鉄骨部分塗装工事

工事内容 外壁塗装、屋根塗装、鉄骨部分塗装
リフォーム期間 32日間
プラン・使用塗料 高性能シリコンプラン・鉄骨部分塗装プラン
シリコンREVO
スーパーシャネツサーモSi
マックスシールドSI
ガイソータフネスシリコン
お客様名 M様
市町村名 志摩市大王町
使用塗料 シリコンREVO

足場組立

  • 写真

    2階以上の建物であれば安全面からも足場を組みます。
    塗装がしやすいように、またお客様の安全や歩行の邪魔にならないように、また植木なども傷めないように組みます。また、高圧洗浄の水や塗料が周りに飛んでいかないように、飛散防水シートも張ります。

高圧洗浄

  • 写真

    何年も、風雨にさらされていた外壁は非常に汚れています。
    この作業によって、外壁に付着した埃やコケ、カビなどを綺麗に洗い流します。
    しっかりと洗浄しないと、密着度が弱まり、どれだけ良い塗料を塗っても、すぐに浮いたり剥がれてしまいます。

  • 写真

コーキング

  • 写真

    シーリングは劣化したまま放っておくと、雨水が侵入し、建物自体の劣化が進みます。

養生

  • 写真

    養生とは保護するという意味です。
    外壁塗装で使われる養生は、塗料の塗らない場所に保護します。
    ・アルミやサッシや窓、床など塗らない場所にビニールやテープ、マスカーなどで保護する事。
    ・車や植木など塗料が付くと

外壁

  • 写真

    下塗り

    しっかりと外壁を洗浄し、ヒビ割れや亀裂の補修を完全にした後に、シーラーという下地処理剤を塗ります。このシーラーは、下地と塗料の接着剤みたいなものです。下地処理のシーラーは一回塗りでOKです。

  • 写真

    中塗り

    シーラーが完全に乾き切ったら、次の中塗り工程になります。
    中塗りも同じ塗料を塗ります。
    中塗りのポイントは、完全に乾ききらすことです。中塗りが半乾きの状態で、上塗りをかけても、その強度は半減してしまいます。

  • 写真

    上塗り

    完全に中塗りが乾き切ってから、最後の上塗り工程になります。

屋根

  • 写真

    下塗り

    屋根の状態をキレイにならし、中塗り、上塗りがムラなく乗るように調整する役割をします。

  • 写真

    タスペーサー

    屋根と屋根の間に隙間を作る作業です。
    隙間を作ると雨漏りしそうと思うかもしれませんが、その逆で屋根と屋根の間に隙間が無いと雨水の排出先がなくなるので危険です。細かな作業ですが重要な工程の一つです。

  • 写真

    中塗り

    下塗り塗料の上に塗布することで下塗り塗料の色を消し、上塗り塗料との密着性を高める為に行う。

  • 写真

    上塗り

    仕上げ塗料を中塗りと上塗りの2回にわけることで、雨や紫外線に強く耐久性の高い外壁や屋根に仕上げることが出来るのです。

軒天

  • 写真

    屋根の裏の天井部分を示します。
    軒天の劣化を放置していると、雨漏りの原因にもなることがあります。

私たちが担当しました!

営業スタッフからのコメント

M様邸はリファイン1000MF-IRで塗装させていただきました。
この塗料は無機成分を配合したことにより従来のフッ素塗料を凌ぐ「超耐候性」と美観性を保持し続ける「美観保持機能」を併せ持ちます!

お色は既存色からガラリと雰囲気を変えた仕上がりになりました!
全体が濃い色になったことで、高級感のある仕上がりになったと思います。
ご自宅の土台部分の鉄骨部分も塗装をさせて頂き、まるで新品のような仕上がりになりました!
M様この度は誠にありがとうございました。
今後も末永くお付き合いの程、宜しくお願い致します。