施工事例

多気郡K様邸外壁クリア塗装+屋根塗装

工事内容 外壁クリヤー塗装、付帯部塗装、屋根塗装工事
リフォーム期間 25日間
プラン・使用塗料 クリヤー塗装、付帯部フッ素プラン
ガイソー 無機シリコン クリヤー
お客様名 K様
市町村名 多気郡明和町
使用塗料 リファイン1000MF-IR

足場組立

  • 写真

    2階以上の建物であれば安全面からも足場を組めます。
    塗装がしやすいように、またお客様の安全や歩行の邪魔にならないように、また植木なども傷めないように組みます。
    また、高圧洗浄の水や塗料が周りに飛んでいかないように、飛散防水シートも張ります。

高圧洗浄

  • 写真

    何年も、雨風にさらされていた外壁は非常に汚れています。
    この作業によって、外壁に付着した埃やコケ、カビなどを綺麗に洗い流します。
    しっかりと洗浄しないと、密着度が弱まり、どれだけ良い塗料を塗っても、すぐに浮いたり剥がれてしまいます。

養生

  • 写真

    養生とは保護するという意味です。
    外壁塗装で使われる養生は、塗料の塗らない場所に保護します。

屋根

  • 写真

    下塗り

    屋根の状態をキレイにならし、中塗り上塗りがムラなく乗るように調整する役割をします。

  • 写真

    タスペーサー

    屋根と屋根の間に隙間を作る作業です。隙間を作ると雨漏りしそうと思うかもしれませんが、その逆で屋根と屋根の間に隙間がないと雨水の排出先がなくなるので危険です。
    細かな作業ですが重要な工程の一つです。

    ※下塗り後

  • 写真

    中塗り

    下塗り塗料の上に塗布することで下塗り塗料の色を消し、上塗り塗料との密着性を高めるために行う。

  • 写真

    上塗り

    仕上げ塗料を中塗りと上塗りの2回に分けることで、雨や紫外線に強く、耐久性の高い、外壁や屋根に仕上げることが出来るのです。

軒天

  • 写真

    屋根の裏の天井部分を示します。
    軒天の劣化を放置していると、雨漏りの原因にもなることがあります。

シーリング

  • 写真

    シーリンク打ち替えには、外壁から水や汚れが侵入しないようにする役割と、地震などの揺れで外壁にヒビが入らないように、衝撃を吸収してくれる役割があります。
    シーリングは紫外線にあたると劣化が早まりますから、10年を打ち替えの目安にします。

外壁(クリア塗装)

  • 写真

    下塗り

    下塗りは外壁塗装の基本となる、最も重要な工程です。

  • 写真

    中塗り 

    クリア塗装は分かりやすくいうと、下地が透けて見える無色透明な塗料を使った塗装の事です。
    着色していないのでもともとの外壁の素材を生かすことが出来ます。

  • 写真

    上塗り

    中塗りと同じ塗料をもう一度重ねていきます。

役物塗装

  • 写真

    雨樋

    雨樋のほとんどに『塩ビ管』が使われております。
    『塩ビ管』は、硬くなったり亀裂が入ったり、日焼けで色褪せたりします。
    樋と役物は外壁塗装の耐久年数と同等の塗料で塗装させて頂きます。

  • 写真

    シャッターボックス

    シャッターボックスとは窓付きシャッターの真上にある、シャッターを収納する為の箱。
    放置しているとサビたり穴が開いたり美観を損ねる場合もあります。

私たちが担当しました!

営業スタッフからのコメント

K様邸は無機クリヤー(無色透明)で塗装させていただきました。
クリヤー塗装とは、色付きの塗料で既存の外壁を塗り潰すのではなく、無色透明な塗料で既存の外壁の質感・材質を維持しつつ、艶を出して美観性を保つ塗装のことです。
外壁の汚れが気になるが、既存の色合いや材質・デザイン性を変更したくない方にオススメの塗装プランです!

また屋根はリファイン500MF-IRで汚れが付きにくく、超低汚染性と遮熱性能を持ち合わせている塗料で塗装させていただきました!

お色は外壁は無色透明で変化させず、屋根は濃い茶色いで仕上げさせていただきました!
外壁と屋根も艶を出すことで、色の変化は少ない中で、新築に近い仕上がりになりました!

K様この度は誠にありがとうございました。
今後も末永くお付き合いの程、宜しくお願い致します。