施工事例

度会郡Y様邸 外壁屋根塗装工事

工事内容 外壁屋根塗装工事 ポリカー張替え工事
リフォーム期間 21日間
プラン・使用塗料 セルフクリーニング長持ちプラン
お客様名 Y様
市町村名 玉城町
使用塗料 リファイン1000MF-IR

足場組立

  • 写真

    塗装工事などを行う際の架設作業床、作業員の通路、施行性の向上等が目的で仮設されます。

高圧洗浄

  • 写真

    何年も、風雨にさらされていた外壁は非常に汚れています。
    この作業によって、外壁に付着した埃やコケ、カビなどを綺麗に洗い流します。
    しっかりと洗浄しないと、密着度が弱まり、どれだけ良い塗料を塗っても、すぐに浮いたり、剥がれてしまいます。

養生

  • 写真

    養生とは保護するという意味です。
    外壁塗装で使われる養生は、塗料の塗らない場所に保護します。

シーリング

  • 写真

    撤去
    シーリングは劣化したまま放っておくと、雨水が侵入し、建物自体の劣化が進みます。

  • 写真

    打設
    シーリング打ち替えには、外壁から水や汚れが侵入しないようにする役割と、地震などの揺れで外壁にヒビが入らないように、衝撃を吸収してくれる役割があります。
    シーリングは紫外線にあたると劣化が早まりますから、10年を打ち替えの目安にします。

屋根

  • 写真

    下塗り

    屋根の状態をキレイにならし、中塗り、上塗りがムラなく乗るように調整する役割をします。

  • 写真

    中塗り

    下塗り塗料の上に塗布することで下塗り塗料の色を消し、上塗り塗料との密着性を高めるための行う。

  • 写真

    上塗り

    仕上げ塗料を中塗りと上塗りの2回に分けることで、雨や紫外線に強く、耐久性の高い外壁や屋根に仕上げることが出来るのです。

軒天

  • 写真

    屋根の裏の天井部分を示します。
    軒天の劣化を放置していると、雨漏りの原因にもなることがあります。

外壁

  • 写真

    下塗り

    しっかりと外壁を洗浄し、ヒビ割れや亀裂の補修を完全にした後に、シーラーという下地処理剤を塗ります。このシーラーは、下地と塗料の接着剤みたいなものです。下地処理のシーラーは一回塗りでOKです。

  • 写真

    中塗り

    シーラーが完全に乾き切ったら、次の中塗り工程になります。
    中塗りも同じ塗料を塗ります。
    中塗りのポイントは完全に乾ききらすことです。中塗りが半乾きの状態で、上塗りをかけても、その強度は半減してしまいます。

  • 写真

    上塗り

    完全に中塗りが乾き切ってから、最後の上塗り工程になります。

役物塗装

  • 写真

    雨樋

    雨樋塗装の目的は美観が主ですが、塗膜で日焼け防止となり、交換迄の期間も長くなります。
    樋と役物は外壁塗装の耐久年数と同等の塗料で塗装させて頂きます。

  • 写真

    幕板

    1階や2階部分の間や瓦屋根の縁の部分など、境界的な役割のため用いられます。

  • 写真

    水切り

    お家に水を入れない為に大切な水切り。
    素材を保護するために必要。
    錆が発生すると、素材がもろくなってしまう。

私たちが担当しました!

営業スタッフからのコメント

Y様邸はリファイン1000MF-IRで塗装させていただきました。
この塗料は汚れを雨で流れ落とすセルフクリーニング機能があり、超低汚染・遮熱効果も持ち併せている大信建装イチ押しの塗料です!
外壁は2色の色分けをさせて頂きました!

塗装後に色が気に入ったと仰っていただけてとても嬉しかったです!

Y様この度は誠にありがとうございました。
今後も末永くお付き合いの程、宜しくお願い致します。