施工事例

伊勢市I様邸 外壁塗装工事

工事内容 外壁塗装工事
リフォーム期間 33日間
プラン・使用塗料 高耐久長持ち無機質塗装プラン
お客様名 I様
市町村名 伊勢市
使用塗料 タテイル フロン

施工前

  • 写真

    コーンキングのヒビ割れ

  • 写真

    水切りの錆

  • 写真

    外壁のコケ

足場組立

  • 写真

    二階以上の建物であれば安全面からも足場を組みます。
    塗装がしやすいように、またお客様の安全や歩行の邪魔にならないように、
    また植木なども傷めないように組みます。
    また、高圧洗浄の水や塗料が周りに飛んでいかないように、飛沫防水シートも張ります。

養生

  • 写真

    養生とは保護するという意味です。
    外壁塗装で使われる養生は、塗料の塗らない場所に保護します。

コーキング

  • 写真

    コーキングは劣化したまま放っておくと、雨水が侵入し、建物自体の劣化が進みます。

外壁

  • 写真

    『下塗り』

    しっかりと外壁を洗浄し、ヒビ割れや亀裂の補修を完全にした後に、シーラーという下地処理剤を塗ります。
    このシーラーは、下地と塗料の接着剤みたいなものです。
    下地処理のシーラーは一回でOKです。

  • 写真

    『中塗り』

    シーラーが完全に乾き切ったら、次の中塗り工程になります。
    中塗りも同じ塗料です。
    中塗りのポイントは、完全に乾き切らすことです。
    中塗りが半乾きの状態で、上塗りをかけても、その強度は半減してしまいます。

  • 写真

    『上塗り』

    完全に中塗りが乾き切ってから、最後の上塗り工程になります。
    上塗りが終わったら、細部のチェックをして、足場の撤去します。

役物塗装

  • 写真

    鼻隠しと軒天です
    綺麗に塗装されております。

  • 写真

    こちらはシャッターボックスです。

  • 写真

    雨樋

    雨樋のほとんどに『塩ビ管』が使われております。
    『塩ビ管』は、硬くなったり亀裂が入ったり、日焼けで色褪せたりします。
    『チョーキング現象』が起こる場合もあります。
    紫外線などで色褪せて白くなる事もあります。
    亀裂が入ったり破損している雨樋は、交換します。
    雨樋塗装の目的は美観が主ですが、塗膜で日焼け防止となり、交換迄の期間も長くなります。
    樋と役物は外壁塗装の耐久年数と同等の塗料で塗装させて頂きます。

  • 写真

    水切り

    お家に水を入れない為に大切な水切り
    素材を保護するために必要。
    錆が発生すると、素材がもろくなってしまう。

私たちが担当しました!

営業スタッフからのコメント

I様邸はプレマテックスタテイルフロンで塗装させていただきました。
この塗料は無機成分が主成分で「超耐候性」と美観性を保持し続ける「美観保持機能」を併せ持ちます!

お色は既存の壁の色に合わせたものを選定させていただき仕上げさせていただきました!

既存の色から濃くなり、一層高級感のある落ち着いた雰囲気の仕上がりになりました!

既存の色に合わせた色を選定させていただく段階で、何度かご自宅にお伺いさせていただき、最終的に綺麗な仕上がりにご満足いただけて、僕も嬉しかったです!

I様この度は誠にありがとうございました。
今後も末永くお付き合いの程、宜しくお願い致します。