施工事例

松阪市T様邸 外壁・屋根塗装工事

工事内容 外壁・屋根塗装工事
リフォーム期間 18日間
プラン・使用塗料 セルフクリーニング長持ちプラン
リファインー1000MF-IR
リファイン-500MF-IR
マックスシールド
HPトップ
お客様名 T様
市町村名 松阪市嬉野中川新町
使用塗料 リファイン1000MF-IR

施工前

  • 写真

    【コーキングのひび割れ】
    コーキングは劣化したまま放っておくと、雨水が侵入し、建物自体の劣化が進みます。

  • 写真

    【チョーキング】
    ・紫外線などで劣化していく
     白い粉が吹きだす現象が現れます。
     外壁を手で触ると手が白くなるのが
     その現象です

  • 写真

  • 写真

足場組立

  • 写真

    最初に足場組立です。
    2階以上の建物であれば安全面からも足場を組みます。
    高圧洗浄の水や塗料が周りに飛ばないように、飛散防止シートも張ります。

高圧洗浄

  • 写真

    チョーキングの洗浄や外壁に付着した埃やコケ、
    カビなどを綺麗に洗い流します。
    しっかりと洗浄をしないと、密着度も弱まり、
    どれだけ良い塗料を塗っても
    すぐに浮いたり、剥がれてしまいます。

コーキング

  • 写真

    既存のコーキングを除去し新しく打ち替えます。
    コーキングのひび割れ等は外壁からの雨漏れの原因にも繋がります。

  • 写真

養生

  • 写真

    塗らないところに塗料がつかないように覆う作業を養生といいます。
    専用のビニールシートやマスキングテープなどを
    適所に使用して施工していきます。

タスペーサ

  • 写真

    屋根同士に隙間を作り、屋根の内側に水の浸水を防ぎ屋根裏を腐食させない役目があります。

下塗り

  • 写真

    一番最初の塗装工程は下塗りです。
    塗料を密着させるためのボンドのような役割をしています。

  • 写真

中塗り

  • 写真

    完全に乾ききったら、次に中塗り工程になります。
    中塗りも上塗りも同じ塗料を塗ります。
    中塗りのポイントは、完全に乾ききらすことです。
    中塗りが半乾きの状態で、上塗りをかけても、その強度は半減してしまいます。

  • 写真

上塗り

  • 写真

    上塗り
     完全に中塗りが乾ききってから、
     最後の上塗り工程になります。
     色ムラなどを調整する役割があります。


  • 写真

バルコニー防水塗装

  • 写真

    ヒビ割れや欠陥を処理する下地補修は、時に塗装より時間がかることもありますが適切な処理が塗装後のきれいを持続する秘訣になります。

  • 写真

    一番最初に塗る塗料で下地と塗料の密着を加速させるための接着材の役割を果たします。

  • 写真

    ウレタン1回目
    塗膜の厚さを均等に丁寧に塗布していきます。
    ウレタン2回目
    一層目がしっかりと硬化したら
    一層目と同様塗膜の厚さを均等に丁寧に塗布していきます。

  • 写真

    紫外線や太陽の熱、酸性雨などをトップコートで防ぎます。
    この作業により防水層が傷むことなく、建物の寿命が延びます。

付帯部

  • 写真

    雨樋
    ・雨樋の外側に塗装を行うことで美観性の向上や
     保護ができます。

  • 写真

    シャッターボックス
    今回はシャッターボックスは白系で塗装致しました。

私たちが担当しました!

営業スタッフからのコメント

T様邸は外壁・屋根共にリファインMFで塗装させていただきました。
この塗料は無機成分を配合したことにより従来のフッ素塗料を凌ぐ「超耐候性」と美観性を保持し続ける「美観保持機能」を併せ持ち、大信建装1番人気の塗料です!

外壁を濃い茶色と黄色の2色分けで仕上げさせていただきました!
濃い茶色と明るい黄色でハッキリとしたメリハリをつけ、綺麗な色合いに仕上げさせていただきました!
またベランダもウレタン防水を同時にさせていただき、雨漏れの心配もカバーしておきました!

シミュレーション時に黄色で塗るのが少し怖いと仰っており、僕も不安でしたが、仕上がりを見てご家族様に喜んでいただけて、僕もとても嬉しかったです!

T様この度は誠にありがとうございました。
今後も末永くお付き合いの程、宜しくお願い致します。