施工事例

鳥羽市O様邸 外壁塗装工事

工事内容 外壁塗装工事
リフォーム期間 23日間
プラン・使用塗料 超遮熱断熱ガイナ塗装プラン
お客様名 O様
市町村名 鳥羽市相差町
使用塗料 ガイソウォールフッ素4FⅡ

施工前

  • 写真

    【クラック】
    ひび割れを言う。建物の外壁モルタルなどに見られる仕上げ材の乾燥収縮によるひび割れと建物の構造的な欠陥から起こる構造クラックがある。塗膜そのものに出来る非常に細かなひび割れ。

  • 写真

    【チョーキング】
    ・紫外線などで劣化していく
     白い粉が吹きだす現象が現れます。
     外壁を手で触ると手が白くなるのが
     その現象です

足場組立

  • 写真

    最初に足場組立です。
    2階以上の建物であれば安全面からも足場を組みます。
    高圧洗浄の水や塗料が周りに飛ばないように、飛散防止シートも張ります。

高圧洗浄

  • 写真

    チョーキングの洗浄や外壁に付着した埃やコケ、
    カビなどを綺麗に洗い流します。
    しっかりと洗浄をしないと、密着度も弱まり、
    どれだけ良い塗料を塗っても
    すぐに浮いたり、剥がれてしまいます。

下地補修

  • 写真

    ヒビ割れや欠陥を処理する下地補修は、時に塗装より時間がかることもありますが適切な処理が塗装後のきれいを持続する秘訣になります。

コーキング

  • 写真

    コーキング増し打ち
    外壁や窓回りなどの接ぎ目を、ウレタン、シリコンなどの柔軟で防水性の高い材料で埋めること。
    シーリング改修工事において既存のシーリングを撤去せず、その上からシーリング材を打ち足すこと。

養生

  • 写真

    塗らないところに塗料がつかないように覆う作業を養生といいます。
    専用のビニールシートやマスキングテープなどを
    適所に使用して施工していきます。

下塗り

  • 写真

    一番最初の塗装工程は下塗りです。
    塗料を密着させるためのボンドのような役割をしています。

中塗り

  • 写真

    完全に乾ききったら、次に中塗り工程になります。
    中塗りも上塗りも同じ塗料を塗ります。
    中塗りのポイントは、完全に乾ききらすことです。
    中塗りが半乾きの状態で、上塗りをかけても、その強度は半減してしまいます。

  • 写真

上塗り

  • 写真

    上塗り
     完全に中塗りが乾ききってから、
     最後の上塗り工程になります。
     色ムラなどを調整する役割があります。


  • 写真

屋根防水塗装

  • 写真

    紫外線や太陽の熱、酸性雨などをトップコートで防ぎます。この作業により防水層が傷むことなく、建物の寿命が延びます。

  • 写真

タッチアップ

  • 写真

    ”タッチアップ”とは、局部的な補修塗りのこと
    工事の最終段階で、足場があって塗れない部分や、サッシの養生があって塗れない部分を、最後に塗る事です

付帯部

  • 写真

    雨樋
    ・雨樋の外側に塗装を行うことで美観性の向上や
     保護できます。

  • 写真

    雨戸塗装