施工事例

松阪市S様邸 外壁塗装工事

工事内容 外壁塗装工事
リフォーム期間 26日間
プラン・使用塗料 リファイン
マックスシールド
お客様名 S様
市町村名 松阪市
使用塗料 リファイン1000MF-IR

高圧洗浄作業

  • 写真

    何年も、風雨にさらされていた外壁は非常に汚れています。
    この作業によって、外壁に付着した埃やコケ、カビなどを綺麗に洗い流します。
    しっかり洗浄しないと、密着度が弱まり、どれだけいい塗料を塗っても、すぐに浮いたり、剥がれてしまいます。

コーキング 

  • 写真

    コーキングは劣化したままほっておくと、雨水が侵入し、建物自体の劣化が進みます。

養生

  • 写真

    養生とは保護するという意味です。
    外壁塗装で使われる養生は、塗料の塗らない場所に保護します。

外壁

  • 写真

    下塗り
    しっかりと外壁を洗浄し、ヒビ割れや亀裂の補修を完全にした後に、シーラーという下地処理剤を塗ります。
    このシーラーは、下地と塗料の接着剤みたいなものです。下地処理のシーラーは一回塗りでOKです。

  • 写真

    中塗り
    シーラーが完全に乾き切ったら、次の工程になります。
    中塗りも同じ塗料を塗ります。
    中塗りのポイントは、完全に乾き切らすことです。中塗りが半乾きの状態で、上塗りをかけても、その強度は半減してしまいます。

  • 写真

    上塗り
    上塗りとは下塗り、中塗りの後に塗る「仕上げ塗り工程」の事です。
    この上塗りの良否が、仕上がり後の美観性と耐久性に大きく関わってきます。

役物塗装

  • 写真

    一回目
    樋を塗っているところです。
    役物も劣化するとチョーキング現象が現れたりするので、破風や水切りなどの部位も塗装します。

  • 写真

    二回目
    塗膜で日焼け防止となり、交換迄の期間も長くなります。
    樋と役物は外壁塗装の耐久年数と同等の塗料で2回塗装させて頂きます。

軒天

  • 写真

    軒天塗装1回目

    軒天は、形状と環境により劣化が起きやすい部位です。
    塗装は中塗り上塗りの2回行っていきます。

  • 写真

    軒天塗装2回目

    回目の塗料でもう一度塗装していきます。

タッチアップ

  • 写真

    タッチアップとは、局部的な補修塗りのこと。
    工事の最終段階で、足場があって塗れない部分や、サッシの養生があって塗れない部分を、最後に塗ることです。

私たちが担当しました!

営業スタッフからのコメント

S様邸では外壁にリファインMFで塗装させていただきました。
この塗料は汚れを雨で流れ落とすセルフクリーニング機能があり、超低汚染・遮熱効果も持ち併せている大信建装イチ押しの塗料です!
S様邸ではその他にも木部塗装もさせて頂きました。
木部には防腐剤が適切ですが、元々木部に塗料が一部塗布されていた為、木部の伸縮性にも耐えられる塗料を選択し施工させていただきました。

S様この度は誠にありがとうございました。
今後も末永くお付き合いの程、宜しくお願い致します。