施工事例

伊勢市 A様邸 外壁屋根塗装工事

工事内容 外壁屋根塗装工事
リフォーム期間 27日間
プラン・使用塗料 アートフレッシュプラン
お客様名 A様
市町村名 伊勢市

足場工事

  • 写真

    足場工事は塗装工事を行う際の架設作業床、作業員の通路、施工性の向上等が目的で仮設されます

養生

  • 写真

    外壁や屋根の表面にある古い塗膜を取り除き、塗料がたった数年で剥がれてしまわないように高圧洗浄を行います。
    その後塗料から建物の塗装しない部分を守るために養生をします。作業の過程で塗料が飛散したり、はみ出したりしてしまわないように、ビニールシートで覆います。

屋根

  • 写真

    下塗り
    使用する塗料にはシーラーやフィラーといった種類があり、中塗りや上塗りとは役目も中身も全く違う塗料を使用します。
    下塗りを塗ることで外壁素材との付着力を高めて、高い耐性の塗膜とすることができます。

  • 写真

    中塗り
    下塗りと上塗りの間に塗る層の事で、上塗りの補強が目的となります。
    吹き付け工法(複層仕上げ)では、中塗り過程を加える事によって、整ったテクスチャーを作る事が出来ます。

  • 写真

    上塗り
    下塗り、中塗りの後に塗る、「仕上げ塗り工程」の事です。
    この上塗りの良否が、仕上がり後の美観性と耐久性に大きく関わってきます。

軒天

  • 写真

    陽に当たらない軒天部分には、色褪せやカビなどが見られたので防カビ剤入りの塗料で塗っていきました。

外壁

  • 写真

    サビは進行すると洗い流すだけでは落ちなくなるのである程度、進行してしまったサビはケレンで落とす(研磨する)しかない。ケレン後は塗装による補修が必要となります。

  • 写真

    クラッグとは塗膜そのものに出来る非常に細かなひび割れ。建物の外壁モルタルなどに見られる仕上げ材の乾燥収縮によるひび割れと建物の構造的な欠陥から起こる構造クラックがある。

  • 写真

    下塗り
    しっかりと外壁を洗浄し、ヒビ割れや亀裂の補修を完全にした後に、シーラーという下地処理剤を塗ります。
    このシーラーは、下地と塗料の接着剤みたいなものです。下地処理のシーラーは一回塗りでOKです。

  • 写真

    中塗り
    シーラーが完全に乾き切ったら、次の中塗り工程になります。
    中塗りも同じ塗料を塗ります。
    中塗りのポイントは、完全に乾ききらすことです。中塗りが半乾きの状態で、上塗りをかけても、その強度は半減してしまいます。

  • 写真

    上塗り
    完全に中塗りが乾ききってから、最後の上塗り工程になります。
    上塗りが終わったら、細部のチェックをして、足場の撤去します。

私たちが担当しました!

営業スタッフからのコメント

A様邸の塗装ではジョリパッドフレッシュクールで塗装させていただきました。
ジョリパッドという材質の専用塗料の中で、今回は遮熱性も加えた塗料を使用しました!

外壁と雨樋や軒天井等も黄色系で統一し、A様のご希望であった洋風な仕上がりになりました!
正面の塀部分も全体に合う様に塗装させていただきました。

A様この度は誠にありがとうございました。
今後も末永くお付き合いの程、宜しくお願い致します。