シーリング

外壁塗装の持ちが30年超え!?

シーリングって何?

シーリング材とは外壁材と外壁材のつなぎ目や窓まわりに
見られるゴム製の目地材です。
触ると柔らかい弾力性のある素材です。

シーリング材の役目は外壁の動きに対応してその力を逃がす役割と外壁材の間にすき間が出来ないようにし、雨や湿気の侵入を防ぐ役割を果たしています。

このシーリングが劣化してしまうと、地震に弱くなってしまったり、雨風の侵入を許してしまい、雨漏りの原因になったります。

つなぎ目

シーリングは時間が経つと劣化する

シーリング材は時間が経つと固くなります!

シーリング材が劣化するとこんな状態になります・・・
亀裂・ひび割れ・はがれ・すき間・はく離

シーリングはなぜ劣化する?

シーリング材も外壁材の一種です。外壁にかかわる素材は常に紫外線、雨、温度変化にさらされている状態です。
当然、シーリングもこの状態にさらされているので劣化していきます。

紫外線・雨・温度変化

高耐久な塗料には高耐久なシーリング材を使用すべき

上記のような理由でシーリング材も劣化していきます。
最近ではシリコン塗料を上回る高耐久塗料などの機能性の高い塗料が一般的になってきています。
しかし、仮に15年や20年長持ちする高機能な塗料を使用したとしても、シーリングが先に劣化してしまってはせっかくの高機能塗料も力が半減してしまいます・・・

だからこそ!シーリング材もいいモノを選びましょう!

おすすめシーリング材

オートンイクシード

20年以上の超高耐久な塗料で張り替えをお考えの場合に最適

オートインクシード

オートンサイディングシーラント

15年程の高耐久な塗料で塗り替えをお考えの場合におすすめ

オートンサイディングシーラント

費用

費用

オートンイクシードの特徴

亀裂・剥離を長期抑制する「耐久性」をテスト

太陽光や降雨から美観を守る「耐候性」をテスト

厳しい環境をクリアする『技術』超-長期耐久性とは

耐久性・耐候性の限界に挑む。新規開発『LSポリマー』の実力 新開発『LSポリマー』の誕生により、経年で流出する可塑剤を配合せずに優れた柔軟性を実現。経年による硬質化を防ぎ柔らかさを長時間維持

厳しい環境をクリアする『技術』超-長期耐久性

性能のまとめ

『性能マトリックス』
「耐久性」と「耐候性」が高い位置で両立していることがマトリックスから一目瞭然です。

性能のまとめ『性能マトリックス』

オートンイクシードなら、「超」長期間安心がつづきます。

高性能・高耐久な塗料を選ぶなら
ぜひシーリング材も高耐久な良いモノを選びましょう!

ぜひお問い合わせください
  • LINEでお問い合わせ
  • 見積もり
  • フォームで簡単ご相談・お問い合わせ
  • 来店予約